要支援の方にも要介護の方にも向いてます「太極拳ゆったり体操」

【記事公開日】・・・2013年8月10日


 太極拳ゆったり体操には、イスに座って行う体操と、立って行う体操があります。

 

 現在ご利用いただいている利用者様ですが、仮にAさんとしましょう。

 

 Aさんは、歩くのが苦手で、杖を使って少しずつ足を運ばれますが、ちょっとおぼつかない感じです。

 でも、こちらにいらっしゃると、送迎車を下りられた時からにこにこと笑顔です。

 スタッフが脇を支えて玄関から中にお連れして、まずは水分補給です。

 

 スタッフお勧めの玄米入りのお茶をお出しすると、何度も「おいしいねえ(^^)」と言ってくださいます。(おそれります)

 

 バイタルをチェックした後、準備運動に入ります。

 

 イスから滑り落ちないように、クッションを敷いて、足元には高さ調整の手作りの台を置きますので、小柄なAさんも安全に体操ができます。

 

 準備運動が終わると水分補給をしながらスタッフと談笑された後、いよいよ「太極拳ゆったり体操」です。

 最初は、うまく身体が動かせなくても、「動かそう」という意識を持っていただくのが大事なんです。

 

 Aさんも、スタッフの呼びかけに答えながら、笑顔で体操してくださいます。

 

 私たちも一緒に体操しますが、終わるころには額に汗が・・・。 ゆったりとした体操ですが、身体の深いところの筋肉(インナーマッスル)を使うので、結構効くんですね、これが。

 

 その後、リラクゼーションタイムもおしゃべりをしながら、ゆったりと楽しんでいただきました。

 

 全てのメニューが終わり、Aさんがお帰りになる時に気付いたのですが、足取りがいくぶんしっかりしていらっしゃいます !(^^)!

 

 この調子で続けて下さいね!

 

 次回は、元気なBさんのお話です。

コメントは停止中です。