太極拳ゆったり体操は、要支援~要介護2までの方にお勧めです。

【記事公開日】・・・2013年7月31日


 デイサービスひだまりの管理者、三瓶です。

 

 前回の記事で、サポーター講習会の講義の中で、要介護者の2年間の状態変化をまとめた調査結果のことを書きました。

 軽度者(要支援・要介護1)の状態の改善が不十分であり、サービスが有効ではない、つまり、ご自身で身体を動かせる方に対する適当なサービス(プログラム)が少ないために、生活の維持はできるが、それ以上の ”改善” につながっていないということです。

 

 このような現状に対して、太極拳ゆったり体操は、ご自身で身体を動かせる方々に自信を持ってお勧めしたいプログラムです。

 

 太極拳ゆったり体操サポーター講習会で、太極拳ゆったり体操の効果について、科学的に検証された報告がありましたので、一部をご紹介します。

 

 【太極拳ゆったり体操の効果】

  1)左右の最大歩幅:改善

    何もしてないグループ

        → 右12.2cm、左14.6cmの減少

    太極拳ゆったり体操をしたグループ

        → 右3.4cm、左3.3cmの拡大

 

  2)10m最大歩行時間:改善

    何もしてないグループ

        → 変化なし

    太極拳ゆったり体操をしたグループ

        → 0.7秒の短縮

 

  3)太極拳ゆったり体操をしたグループの方が何もしないグループに比べ、新規要介護認定

   者数が少なかった

 

 その他、生活体力指標、長座位からの立ち上がり時間、Functional Reach Testにおいて、太極拳ゆったり体操をしたグループの方が改善が認められたそうです。

 

 デイサービスひだまりでも、太極拳ゆったり体操の効果について検証し、利用者の皆様、ご家族、ケアマネージャーさんにもご報告していく予定です。

 

 無理せず、楽しく太極拳ゆったり体操を続けて、元気に”長活き”しましょう!

コメントは停止中です。